わらびぃ速報

タイムリーなニュースを纏めていくサイトです

                                     このエントリーをはてなブックマークに追加
    1:2013/07/10(水) 11:27:29.36 ID:
    1等と前後賞を合わせて5億円が当たる「サマージャンボ宝くじ」
    (第645回全国自治宝くじ)が10日、全国で一斉に発売された。
    みずほ銀行によると、1等(3億円)が26本、1等の前後賞(1億円)が
    52本のほか、2等(500万円)が52本など。

    2千万円の当せん本数が過去最多の「2000万サマー」も同時発売され、
    1等が450本となっている。

    いずれも1枚300円で、販売は8月2日まで。
    抽せん会は8月13日に大阪市のNHK大阪ホールで行われる。

    ソースは
    http://www.sankeibiz.jp/business/news/130710/bsd1307100905010-n1.htm
    サマージャンボ宝くじを買いに多くの人が集まった=10日午前、大阪市北区



    【【地域経済】サマージャンボ発売 1等・前後賞5億円[13/07/10]】の続きを読む

                                     このエントリーをはてなブックマークに追加
    1:2013/07/10(水) 11:24:32.81 ID:
    シャープは9日、会話ができるロボット掃除機「ココロボ」に搭載している人工知能
    「ココロエンジン」を、他の白物家電にも搭載する計画を発表した。
    「人の心を和ます家電」として差別化し、販売増につなげる。
    同社は2013年3月期に5453億円の最終赤字を計上。
    赤字の主因となった液晶以外に活路を求めた戦略の一つがうまく実を結ぶのか、
    注目される。

    ココロエンジンは同社が独自開発した人工知能。
    オーブンレンジと空気清浄機、エアコン、冷蔵庫、洗濯機で8月上旬から
    順次、展開していく。対象製品はさらに拡大する可能性もある。

    「忘れられてるのかなぁ」
    こんな、すねたような声を出すのは、同社がこの日、東京都内で報道陣にお披露目した
    ココロエンジンを搭載した空気清浄機の試作機だ。
    コンセントにつないだまま、しばらく使用されていないケースを想定したセリフだ。
    オーブンレンジの試作機は、スタッフが「自動メニュー」のボタンを押すと、
    にぎやかなメロディーとともに「自動メニュー100回目です」と“祝福”の言葉を発した。

    ココロボは昨年6月に発売。充電量や部屋の散らかり具合によって気分が変わり、
    「きれいにして」と話しかけると、「わかった!」などと返事をしてくれる。
    購入者からは「親しみがわく」「ペットのような存在」などの好意的な声が
    寄せられているという。

    米アイロボットの「ルンバ」が切り開いたロボット掃除機市場で、後発組のココロボの
    販売実績は今年6月末までに10万台を超え、市場に一定の存在感をみせた。
    シャープは「家電が『しゃべる』ことが、受け入れられる素地はある」
    (同社商品革新センターの阪本実雄所長)と判断し、ココロエンジンの水平展開を
    決めた。

    人を手助けしてくれる家電の開発は、シャープ以外のメーカーにも広がっている。
    東芝は液晶テレビ「レグザ」シリーズの一部に、好みの番組を見つけて録画を
    してくれる機能を搭載。
    日立アプライアンスのエアコン「白くまくん」シリーズでは、人の動きや間取りを
    把握して、効率よく運転する機能を搭載した機種が人気という。

    ソースは
    http://www.sankeibiz.jp/business/news/130710/bsb1307100801001-n1.htm
    http://www.sankeibiz.jp/business/news/130710/bsb1307100801001-n2.htm
    ■シャープ http://www.sharp.co.jp/
     2013年7月9日 「ココロエンジン」を当社健康・環境家電へ順次搭載
     http://www.sharp.co.jp/corporate/news/130709-a.html
     株価 http://www.nikkei.com/markets/company/index.aspx?scode=6753
    【【電気機器】シャープ脱液晶、人工知能に活路 ココロエンジンで「心を和ます家電」順次展開[13/07/10]】の続きを読む

                                     このエントリーをはてなブックマークに追加
    1:2013/07/10(水) 14:55:49.14 ID:
    富士重工業は、6月24日に発表したスバル『XVハイブリッド』の受注台数が、
    発表後2週間時点(7月7日まで)で月販目標550台の10倍を上回る
    5580台となったと発表した。

    なお、スバル XV全体の受注台数に占めるハイブリッド比率は、約7割となった。

    グレード構成はEyeSightを装着する「2.0i-L EyeSight」が91.4%を占めた。
    外装では、「サテンホワイト・パール」(28.3%)の人気が最も高く、以下
    「デザートカーキ」(14.7%)、「アイスシルバー・メタリック」(13.0%)、
    「プラズマグリーン・パール」(11.2%)の順だった。

    また、年齢別では「60歳以上」が29.1%でトップ、
    以下「50歳~59歳」(26.5%)、「40歳~49歳」(23.1%)、
    「30歳~39歳」(14.3%)、「29歳以下」(7.0%)と、高年齢層から支持を
    受けている。

    ユーザーからは、
    「加速感があり、スポーティなハンドリングで走っていて愉しい」、
    「AWDのため安定感が高く、安心できる」、
    「質感が高い」
    などの評価が集まっている。

    ソースは
    http://response.jp/article/2013/07/10/201880.html
    画像は


    ■富士重工業 http://www.fhi.co.jp/
     2013/07/10 SUBARU XV HYBRIDの受注状況について(PDF/89.9KB)
     http://www.fhi.co.jp/contents/pdf_89859.pdf
     株価 http://www.nikkei.com/markets/company/index.aspx?scode=7270
    【【自動車】スバル XVハイブリッド、発売2週間で5580台を受注…3割は60歳以上[13/07/10]】の続きを読む

    このページのトップヘ